青―ときどきロードバイク―

存在

不安定な今、あらためて、いや、初めて、彼氏の存在が想像以上に大きかったと知った。
いつも、頼りになるのは自分のみ
って思ってたけど、思ってただけなんだな。
彼氏がという存在に甘えていたんだね。
アイデンティティに入りすぎたら、自分自身がもたなくなるから、彼氏を一人の人間として尊重することを忘れないでいたい。
LINEがしばらく来ないだけでこんなに不安になるとかほんと情けない。